最新お買い得情報
着物クリーニングキャンペーン開催中!
着物と帯の丸洗い(着物クリーニング)が全品30%OFF!

~佐沼屋独自の「手洗い・自然乾燥・手仕上げ」~


「他社で買った着物・帯でも丸洗いしてもらえるの?」
「どこに持っていったらいいのか分からなかった」  というお言葉をいただきます。

これには様々なご理由があってのことと思いますが、あまりにも着物屋のサポート・アフターフォロー・説明が足らない証拠ともいえます。

佐沼屋では、当社でご購入されたものは当然、他社でご購入されたものでも着物クリーニングを「すべて」承ります。

しかも、今でしたらどの着物・帯でも全品30%OFFにて承ります(長襦袢も承ります)。

10月30日(日)までの期間限定ですので、ぜひお早めにご来店ください。お待ちしております!

※佐沼屋独自の着物クリーニング「手洗い・自然乾燥・手仕上げ」とは

 ■手洗い

  手洗いの作業前、着物がクリーニング溶剤により色落ち・金箔落ちなどの現象が起きないか部分的なテストをします。ドライクリーニングの前に、袖口や衿、裾な ど汚れやすい個所を特殊なブラシで手洗いします。着物の種類・状態に合わせてブラシの加減をみます。汚れのあるところだけでなく、汗・ホコリなどを吸収している可能性のあるところは、すべて丁寧に不純物をもみだします。佐沼屋では、洗い台の上でクリーニング溶剤で落ちる汚れはすべて手作業にて落としていきます。当工房では最も重要な工程の一つとして考えています。

 ■自然乾燥

   丸洗い後、専用室にて乾燥させます。ここは、1年中24~26度の温度設定をされており、低温で一昼夜、ゆっくりと乾燥させます。干す際には、着物の形を崩さないように一枚ずつ物干し竿に吊るします。そうすることで溶剤などの匂いを完全に飛ばし、ふわっとしたソフトな仕上がりに近づけます。また、24~26度の温度と、あえて低温に設定しているのは、乾燥のための他、この温度が着物にとっても優しいからです。絹洗工房では、この乾燥の工程のために広大な部屋を設置しております。

 ■手仕上げ

   汚れ落としの工程をすべて終えた後は、仕上げになります。専用のアイロンにて着物のシワが残らないよう、丁寧にかけていきます。仕上げは、着物に直接アイロンをあてるのではなく、1~3センチと紙一重の距離を保ち、蒸気の熱で形を整え、着物に本来の風合いとふくらみを甦らせます。更に、当工房では他社ではあまり行わない裏地のプレス仕上げも。この手仕上げで、風合いが決まるため、絹洗工房では熟練者のみの女性職人が対応しております。
2016.10.19 15:35